中学受験だからこそ意識していきたい勉強方法とは?

中学受験と聞くとみなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。
マスコミでは中学受験は難問が多いとか一部の天才の受験生をピックアップするので、非常に難しいというようなイメージがあるかもしれません。

しかし、実際にはどうなのでしょうか。
もちろん、難関中学校のような学校は難問が多いとはいえ、基本的にはすべてが難問というわけではありません。
しっかりと勉強をしていれば十分に合格できる学校がほとんどです。
とはいえ、中学受験だからこそ意識していきたい勉強方法があります。それは何でしょうか。

その勉強方法とは考える勉強です。
考える勉強とは暗記型の勉強ではなくて、問題を解く過程を理解する勉強方法です。
考える勉強ができるようになると、いわゆる応用がきくようになります。
なぜ中学受験の場合にはこうした勉強方法を意識する必要があるのでしょうか。

それは多くの受験問題が思考力を試すものだからです。
もちろん、暗記したものを答えさせるという問題もありますが、割合としては思考力を試すほうが多くなっています。
思考力を試す問題は暗記しているだけでは解けません。考える、つまり問題の解き方をはっきりと理解していないといけないわけです。